受験勉強の闇

今日、明け方の祈りではっきりと神様の愛を感じました。

 

今までは形式的になってしまい、神様をどう愛して良いのかわからず右往左往してきました。

 

しかし、これほどの愛を感じたのははじめてです。

 

しかし、まだこれでも足りない感じがします。

 

兄弟の皆さま、ラプトさんが条件を立ててくださっているおかげです。

 

私は自分の意志で信仰をもつようになったとは思っていません。

 

すべてが神様のお導きによるもの、そして先祖の義によるものだと思っています。

 

宗教にアレルギーを起こしていた自分がなぜ信仰をもっているのか、不思議に思うこともあります。

 

すべては成り行きでこうなったのです。

 

ラプトさんのように、昔からなぜ艱難ばかりだったのか、その理由もラプトブログを読んで理解できました。

 

すべては神様の練達だったと思っています。

 

私はこの世の学問が苦手で、私の血のつながった兄弟はとても優秀なのに、なぜか私は学校の勉強ができませんでした。

 

周りの人からお前の努力が足らないと何度も言われましたが、私は結構努力をしていたので、なぜできないのかわからなかったのです。

 

学校の勉強をすればするほどなぜか精神的には不安定になり、イライラするようになり、自暴自棄するようになりました。

 

物や同級生に当たり散らしたこともありました。

 

なぜイライラしてしまうのか、なぜ精神的に不安定になるのか、その理由は、この世の学問が完全にサタンのものだからです。

 

サタンは私たちに無意味な勉強をさせることで、精神的に破壊しようとしているのです。

 

普通に考えたら10代前半から後半まで体の一番元気な時期に朝から晩まで机に座って勉強する。そしてその勉強が社会で何らかのためになるならまだしも、どうでもいい役に立たないことばかり。微文積分が役に立った人がいるでしょうか。

 

私は昔から大義がなければ何もやる気が起こらなくなってしまうタイプで、勉学が無意味だとわかった瞬間、無気力になってしまったのです。

 

しかし、私の兄弟は勉強が非常によくできたので、なぜ私が学校の勉強ができないのか、非常に不思議だったようで、一辺倒に私の努力不足だと決めつけてきたのです。

 

私が社会人になっても、親が資格取得を促したり、まだ無意味な勉強をすることを促したり、勉強がすべてだと言わんばかりに私に押し付けてきます。

 

これは完全にサタンに洗脳されてしまった人の特徴だと思うようになりました。

 

人には得て不得手があるので、普通の人ならそこまでこだわらないことに一生こだわり続けています。

 

本当に悪魔です。

 

そして、過剰に勉強をすることそのものが悪魔崇拝なのだとはっきりと悟るようになったのです。

 

だってそうでしょう。

 

鬱やら精神を病んだりするようなものを必要以上にすることが神様の御心なのでしょうか。

 

私たちはみな神様の使命をもって生まれてきているのです。

 

もちろん学問をやって、使命を果たす人もいるでしょう。

 

しかし、学校で画一的に教えられる勉学は多分に悪魔崇拝だと感じるのです。

 

RAPT | RAPT×読者対談〈第116弾〉受験戦争の闇。イルミナティの裏口入学。

 

この記事に受験(学校でする勉強)はイルミナティのご子息が裏口入学できるように巧妙に操作されているということが書かれています。

 

庶民が一生懸命勉強しても脳が破壊され、精神を病んでしまう。

 

しかし、イルミナティのご子息は最初から有名大学に楽々と進学し、精神を病むことなく生きていく。

 

これだけで庶民が彼らの栄光のために生贄にされていると言っても過言ではありません。

 

そして生贄といえば悪魔崇拝です。

 

今から思えば、受験でエネルギーを使い果たして、就職する頃には魂が抜け落ちたようになってしまった人がどれほど気の毒か私にはよくわかります。

 

親御さんもこの真実に気づいて、自分の子供を勉強ばかりさせて、イルミナティの生贄に捧げるような教育をすることがないよう気をつけねばなりません。

 

この世の価値観は腐っています。

 

私の親もサタンに洗脳されていたため、本人は自覚がないようでしたが、私は相当苦しめられました。

 

勉強をさせて、有名企業に入社することがそれ程重要でしょうか。

 

その有名企業のほとんどがイルミナティがつくったのにもかかわらず。

 

自分のエゴより子供が快活に生きていく方が重要なのではないでしょうか。

 

見栄や体裁のために自分の子供を犠牲にするより、彼が健康で楽しく生きてこそ彼の人生にも意味が出てくるのです。

 

今の教育はまるで子供を親の見栄のために犠牲にする教育です。

 

そして、その考えは多分に悪魔崇拝から来ているのです。

 

この事実に多くの方々が気づいてほしいと思っています。

 

広告を非表示にする